FX・外為(外国為替証拠金取引)で不労所得3億円を目指します。誰でも簡単に勝てる常勝の法則、錬金術を大公開!

外為錬金術TOP > スポンサー広告 >FX業者の相次ぐ行政処分勧告・業務停止命令外為錬金術TOP > 外為日記 >FX業者の相次ぐ行政処分勧告・業務停止命令
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為錬金術師catuです。
FXトレードの今週の調子はどうですか?

■ドル円90円直前までリバウンド


一時ドル円が88円割れ寸前まで円高が進んだFX市場。
週末にかけてはバーナンキFRB議長の
「経済見通しが十分に改善すれば引締め準備態勢に」との発言や、
サマーズNEC委員長の「米国は強いドルを支持する」との発言により
ドル買いの流れが強まり、ドル円も一気にドル買い、円売りの流れへ。
ドル円は90円直前まで上昇しました。

これで円高トレンド終了と言うには気が早いですが、
これでしっかりと来週中に90円を回復して
91円を目指す流れが出来ればトレンド転換の可能性が出てきます。
今回はかなり長い強固な下落トレンドなので楽観視は危険ですが、
ここから積極的にショートでは攻めづらい感じにはなりました。
とりあえず来週のFXマーケットの動向に注目です。


■相次ぐFX業者の行政処分


本日の朝日新聞の朝刊を見ていましたら、
2つもFX業者の行政処分に関する記事が掲載されていました。
しかも2社ともかなり大手のFX業者です。

今回朝日新聞に掲載されていたFX業者の行政処分は
ひとつは金融庁による業務停止命令。
もうひとつは証券取引等監視委員会による
行政処分勧告です。

■FX業者の業務停止命令


まず一番重い業務停止命令を受けたのは……

FXブログランキングを読む


■約定能力最強!1000通貨も開始のFXプライム
 

高度なテクニカル分析を自動でやってくれる「ぱっと見テクニカル」
人気急上昇中の伊藤忠グループのFXプライム。
実は指標などで荒れた相場における
サーバーの強さ約定能力の高さでも高く評価されています。
そんなFXプライムがついに1000通貨単位の取引を開始。
しかもドル円スプレッド2銭固定と低コスト!
FX初心者にも最適なFX業者です。
FX業者の「北辰物産」(東京都)です。

投資判断を引き受ける「取引一任勘定」を契約するなど
金融商品取引法違反を繰り返していたとして
13日から半年間の業務停止命令を金融庁が出しました。
平成21年10月13日から平成22年4月12日までの間、
全ての店頭デリバティブ取引に係る業務が停止されます。

「北辰物産」は07?08年にかけて投資運用業の登録をしないまま
顧客1人から一任を受けてFX取引を行い、
その結果として発生した損失を補うために
3197万円を顧客に支払っていたそうです。

北辰物産の社長は、これらの問題について
関東財務局の検査に対して虚偽の説明を繰り返していたそうです。
さらに同社の常務は提出を求められた証拠書類の一部を
シュレッダーで裁断していたとか…。
ネットで調べてみると北辰物産って商品先物時代にも
業務停止命令を喰らっていますね。
もう限りなくブラック企業な香りがします。

それにしても取引一任勘定をしながら
3197万円損失だすってどんだけヘタクソなんだよw
ちなみにこの損失補てんは金商法違反になります。


■FX業者の行政処分勧告


次に証券取引等監視委員会が金融庁に
行政処分勧告を出したFX業者は
FX業者のMJ(名古屋市)です。

監視委によるとMJでは07年4月から08年11月の間に
少なくとも74回のシステム障害が発生。
08年の3件の傷害で損失を補償した顧客232人のうち120人、
計516万円分に関して財務局に報告していなかったそうです。

システム障害発生時の顧客対応においても、
各部署が場当たり的な対応に終始して、
顧客から苦情等の申し出があったものについてのみ、
損失補てん等の対応を行うなど、
十分な対応がなされていなかったとか。

それ以外にもシステムの処理能力にも問題があり、
不成立となる注文も相次いでいたとのことです。

「こんなのどこのFX業者もやってそうじゃん」って思いましたが、
以下のリンク先の詳細を見る限りはかなり杜撰で
いい加減な運用をしているようですね。

証券取引等監視委員会
「株式会社MJに対する検査結果に基づく勧告について」
http://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2009/2009/20091009.htm


今回の行政処分勧告を受けて、
短期間かもしれませんがMJも金融庁より
業務停止命令が出る可能性が高いですね。
たしか過去にも一度行政処分勧告されてますし、
すぐに体制が改善できる問題ではありませんから。


■なかなか改善されないFX業者


「北辰物産」の場合は限りなく悪質ではありますが、
「MJ」みたいな脆弱なシステムしか持っていない
場当たり的な運営をしているFX業者はかなり多いですよね。

システム落ちたり、やたら滑ったり、約定拒否されたり。
しかもクレームの電話してもそもそも繋がらないし、
出ても素人くさい対応しかできなかったり。

金融庁はレバレッジ規制のような規制するばかりではなく、
FXトレーダーの取引環境を改善し保護するように
積極的に業務改善命令を出してほしいです。
そういう意味では今回の業務停止命令や
行政処分勧告に関しては評価をします。


最近はスプレッドの狭いFX業者に注目が集まってますが、
結局はスプレッドが狭いFX業者には顧客が集まり、
それにシステムが対応できずにトレード環境が悪化する。
しかもスプレッド狭い分どこかで利益を出すためなのか、
ちょっと怪しげなスベりやレート表示が多くなる。

もうコストが安い分そういうイライラには目をつぶってはいますが、
出来ればFX業者の健全化がもっと進んでほしいですね。




■システムが強く約定能力の高いFX業者は?


もしこういうオーダーやシステムに関するストレスを回避したいなら
多少スプレッドが広く、コストが高くても
システムが強固で約定能力の高いFX業者に移るしかありません。

私のブログの右上の部分にシステムが強固で
約定能力が高いFX業者を薦めております。

マネーパートナーズ

FXプライム

マネックスFX


もちろん信託保全もされておりますし、
スプレッドなどの条件も悪くないです。

個人的な主観による判断もありますが、
あの口の悪い某掲示板でも
比較的システムや約定能力について
評価が高かったFX業者ですw

どのFX業者が一番いいとかはなかなか決められません。
個人的な相性もありますし、これまで良かった業者が
人気が出て顧客が増えた途端にサバ落ちを連発し
システムが不安定になったりもします。
FX業者が良かれと思ってしたシステム変更が、
自分には全く合わないなんてこともあります。

個人的にはどこも一長一短であまり大差ないので、
無名な怪しげなところは避けて大手にしておけば
そんなにハズレはないのかなと思ってます。

とりあえず5,6個口座作っていろいろ使って見て
一番相性の良いところをメイン口座にして、
あとはトレードの目的によって口座を使い分けると
良いのではないかと思います。
リスクヘッジのためにいくつか口座を持つことは
必至条件ですから。


結局一番大事なのは相性なのではないでしょうか。
私もいろいろ文句言いながらも
相変わらずFXオンラインジャパンをメインとして愛用しておりますしw


面白かった場合は拍手代わりに
応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ


★★気になるFXブログ記事★★
仕込んだドル円ロングを利確中!!
「ホンネで言わせて」11位→ Ranking

中期的には買い場か?
「共に学び?ブログ」5位→ Ranking

ドル円は目標達成
「激走、FX Grand Prix」42位→ Ranking
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する 【宣伝は全て削除致しますのでご遠慮下さい。】
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:FX SEO対策:外国為替 SEO対策:錬金術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。