FX・外為(外国為替証拠金取引)で不労所得3億円を目指します。誰でも簡単に勝てる常勝の法則、錬金術を大公開!

外為錬金術TOP > スポンサー広告 >FXレバレッジ規制、8月3日に公布 施行後1年は50倍外為錬金術TOP > 外為日記 >FXレバレッジ規制、8月3日に公布 施行後1年は50倍
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為錬金術師catuです。
FXトレードの今週の調子はいかがですか?



■FXレバレッジ規制、8月3日に公布


ついにFXのレバレッジ規制が実際にスタートすることになりました。

金融庁は31日、外国為替証拠金取引(FX)について、
レバレッジの倍率を規制する内閣府令を8月3日に公布すると発表しました。

実際にレバレッジ規制が施行は来年8月1日。
レバレッジの上限は2010年8月から1年間は50倍、
2011年8月からは25倍に制限されます。

結局当初の噂通りのレバレッジ規制が行われることになりました。
実際の規制は来年夏から50倍上限で行われますので、
それまでにFX業者も個人投資家も対応をしなければなりません。

今月は円高になりやすい?
認定テクニカルアナリストのバカラ村さん、
今月はドル円・クロス円の売りを狙っているそうです。
特にオージ円が注目のようですね。
必見!「FXだけで生活?」ブログで!!27位  →人気blogRANKING


■9割の反対意見に対する金融庁の返答


金融庁はレバレッジ規制導入に先駆けて
意見募集(パブリックコメント)を行っておりました。

金融庁の意見募集には1カ月間で約710団体、
個人から約910件の意見が寄せられたらしいですが、
その約9割が規制導入に反対だったそうです。

今回のパブリックコメントに寄せられたコメントと
それに対する金融庁の考え方が金融庁のHPで公開されています。


レバレッジ規制に対して寄せられたコメントの概要と
それに対する金融庁の考え方はこちらになります

続きをご覧下さい
人気blogRANKING




【あなたもカリスマと同じトレードが出来る!】

■サザ「トレードメッセンジャー」■
リアルタイムで勝ち組カリスマトレーダーと同じ
ポジションを持つことが出来ます。

ちなみに7月の登録カリスマトレーダーたちの成績はこちら
トレードメッセンジャー7月成績

上位陣の成績すごいですね…。彼らと同じトレードが出来るんです!
忙しい人、勝てない人にはぴったりのサービスです。


【テクニカルが苦手なあなたにぴったり!】

■FXプライム「ぱっと見テクニカル」■
最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートの中から、
現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出して、
「過去の値動き」を参考にして「将来の値動き」を予測する
「ぱっと見テクニカル」が大人気のFXプライム。
「ぱっと見テクニカル」人気で口座開設が急増中です。


コメントの概要及びそれに対する金融庁の考え方
http://www.fsa.go.jp/news/21/syouken/20090731-6/01.pdf


9割が反対だったのに、案に何も修正を加えないなんて…。
だったら聞くなよって感じですよね。
返答もこれまで行われているような
当たり前な返答がなされているだけですね。

金融庁としては

アホな国民の意見なんて聞くだけ無駄ですよ。
資金管理も出来ない愚民のためにこちらで規制してあげますよ(キリッ)

そんな感じなのでしょうか。。


月曜クロス円で実需の売り
プロディーラーの大倉さん、
月曜のクロス円で実需の売りについて触れています。
ドル円をここから売るのはこわいとも言っております。
「ホンネで?」ブログで!!23位  →人気blogRANKING


■FXレバレッジ規制への対応


とりあえずレバレッジ規制に関しては動き出してしまいました。
もう従うしかありません。

現在ハイレバで塩漬けポジション持っているような人は
まだ1年あるとはいえ、ポジションを減らすなり、入金するなり
対応を考えなければいけません。

恐らくFX業界の構造も大きく変わる可能性があります。
レバレッジを下げるために追加で入金できる個人投資家は限られますので、
取引高が激減すると考えるのが一般的でしょう。
取引高が激減したら手数料などの収入も激減するので
FX業者の収益も悪化することは避けられません。

現在ハイレバ、低スプレッドを売りにしている業者は
薄利多売でやっているところが多いでしょうから
取引高が減少すれば現在の収益構造が成り立たない可能性もあります。
多くのFX業者でスプレッド拡大、手数料復活もありえます。

そして現在よりサービスを低下させることで顧客が離れるのを恐れて
今のサービスを維持する選択をしたFX業者は
逆に収益が悪化して会社の存続が危うくなるところも出てくるでしょう。
そうなると個人投資家としては会社の規模や信頼性も大事になってきます。
外為どっとコムなど老舗の大手FX業者は、新興FX業者に押され気味でしたが、
逆にレバレッジ規制が追い風になったりするのでしょうか。

あとは規制のない海外のFX業者へ行くのも選択肢です。
ただ海外業者でのFX取引は正直面倒くさい。
しかもFX業者の破産などのトラブルになったときに
英語が出来ない人はちょっとつらいですよね。
海外FX業者を安易に選択するのはちょっと難しい。


人によってはそもそもFXから離れる人もいるでしょうね。
正直今の税制を考えると株の方がいい気がしますものね。
CFDなんかも選択肢になるでしょう。

でもCFDもパブリックコメントへの返答をみると
今後規制が進みそうな感じです。
金融庁の狙い通りな感じがしますが、
株へ移行する人が増えるのかもしれません。

まりおさんの7月の収益は?
ヘタうまFX漫画のまりおさん、
7月の収支を公開しております。
とりあえずプラスのようですが、
塩漬けポジが気になりますね。
「僕と投資?」ブログで!!14位  →人気blogRANKING



■FXに関して金融庁に望むこと


とりあえずムカつきますがレバレッジ規制は動き出しました。
でも金融庁さんにはもっとほかにもやることあるだろうと
思わざるをえません。

パブリックコメントにも書かれていましたが、
FX業者の価格操作(ストップ狩り)や約定遅延、
システム障害に対する対応を行うべきです。

価格操作は怪しいと思うときはありますが、
実際のところはよくわかりません。

「FX損失額 2679」さんのブログでは真偽は不明ですが、
いろいろとFX業者の裏の姿を書かれていますが…
現在ランキング10位  →人気blogRANKING



でもシステム障害は明らかにFX業者はお粗末すぎる。
ガキの遊びじゃなくてビジネスなんだから
システム障害への処罰は超重くしてほしいです。

あとFX業者だけじゃなくて、その周辺で暗躍している
怪しげな人々をもっと厳しく規制してほしい。
最近操作を受けているような詐欺師どもは氷山の一角です。
本当に投資家保護を考えるのであれば、
怪しげなセミナー屋、情報商材屋を徹底的に調べてほしいです。


あと他の投資とのバランスをとって公平感を出してほしい。
特に税制を見直してほしいです。せめてFXの税制を
株レベルにしてもらえるととてもうれしいですね。

あと脱税してるやつらから徹底的に税を徴収してほしい。
こっちだって毎年面倒な確定申告してまで納税してるんです。
払わないもの勝ちでは納得いきません。
海外業者での取引も含めて抜け穴のないようにしてほしいです。


医薬品のネット販売規制など本当に消費者のことを
考えているとは思えない規制が強化されている傾向があります。
この前ケンコーコムで薬を買おうとしたらほとんど買えなくなっていて
びっくりしてしまいました。すごく不便な世の中になっています。

世の中は実は目に見えている以外の力が働いている気がします。
医薬品のネット販売規制も、FXのレバレッジ規制も
消費者・投資家保護という建前の裏には
何か違う意図が見え隠れしている気がしてなりません。
私自身全く政治に興味はないのですが、
あまりに政治に無関心だと一部の人間の利権のために
いつのまにか国民の生活が不便になってしまう可能性があります。
私も人のことは言えませんが、もうちょい政治に興味を持った方が
良いのかもしれませんね。

ドル円は11月に80円?!
カリスマ予想の小龍さんが
ドル円5年サイクルによる長期の予想を書かれています。
今年の11月下旬に向けて80円40銭あたりまでの
下落はありうると分析しております。
必見!「共に学び?」ブログで!!8位  →人気blogRANKING



皆さんのコメントや応援クリックが
ブログ更新の励みになっております。
お手数ですがちょっとでも役に立つ記事があったら
応援クリックをして頂けるとうれしいです。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する 【宣伝は全て削除致しますのでご遠慮下さい。】
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:FX SEO対策:外国為替 SEO対策:錬金術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。