FX・外為(外国為替証拠金取引)で不労所得3億円を目指します。誰でも簡単に勝てる常勝の法則、錬金術を大公開!

外為錬金術TOP > スポンサー広告 >必見!プロアナリストによる2009年下期ドル円予測 外為錬金術TOP > 外為日記 >必見!プロアナリストによる2009年下期ドル円予測 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為錬金術師catuです。
FXトレードの調子はいかがですか?


■景気底打ち!?2009年下期全予測


さて、本日はあるビジネス・経済誌の
記事をご紹介したいと思います。

そのビジネス・経済誌とはダイヤモンド社の
週刊ダイヤモンド6/13号です。


週刊ダイヤモンド6/13号のメイン特集のタイトルは
「景気底打ち!?2009年下期全予測」。
日米欧を代表するエコノミスト、学者、
アナリスト、経営者75人が2009年下期の
景気動向を占う協力特集です。

・一時国有化でも消えないGM清算”悪夢”のシナリオ
・米銀の不良債権処理は進んだか 当局作「健全化シナリオ」を疑う
・ユーロ圏が抱える三つの難題 今秋に先行き不透明感高まる

などFXトレーダーも気になるような記事のタイトルが並んでおります。


低リスクの時だけエントリーする方法
FXブログの大御所、為替見習さんが6月29日の記事で
円高や急変動でも勝つチャート活用法を公開しております!
最新記事では6月の取引結果も公開中!
読まなきゃ損!「為替見習の?」ブログ3位  →人気blogRANKING


■9名のアナリストの年後半のドル円予想


「景気底打ち!?2009年下期全予測」では
もちろん為替レートについても予測が行われています。

ユーロドル、ドル円、ユーロ円の通貨ペアに関して、
10人の著名なアナリストたちが6月、9月、12月と
2009年後半のレートを予想しております。

全部ご紹介したいところですが、
私自身ドル円しかトレードしませんので、
ここではドル円についてのみご紹介いたします。
ユーロドル、ユーロ円の予想が気になる方は
週刊ダイヤモンド6/13号をご購入下さい。

それではその著名アナリスト9人のメンツは
次のような顔ぶれです


続きをご覧下さい
人気blogRANKING

【あなたもカリスマと同じトレードが出来る!】

■サザ「トレードメッセンジャー」■
リアルタイムで勝ち組カリスマトレーダーと同じ
ポジションを持つことが出来ます。
忙しい人、勝てない人にはぴったりのサービスです。


【テクニカルが苦手なあなたにぴったり!】

■FXプライム「ぱっと見テクニカル」■
最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートの中から、
現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出して、
「過去の値動き」を参考にして「将来の値動き」を予測する
「ぱっと見テクニカル」が大人気のFXプライム。
「ぱっと見テクニカル」人気で口座開設が急増中です。



【初回入金額の制限なし!もれなく1万円!

■サイバーエージェントFX■
K-1ファイター魔裟斗のテレビCMでもおなじみ!
新規口座開設完了後、30日以内に1回1万通貨以上の取引で
【もれなく】10,000円キャッシュバック!
初回入金額の制限がない敷居の低いキャンペーンです。

・棚瀬順哉さん(JPモルガン・チェース銀行シニアFXストラテジスト)
・山下えつ子さん(三井住友銀行チーフエコノミスト)
・村嶋帰一さん(日興シティグループ証券エコノミスト)
・若林栄四さん(ワカバヤシ・エフエックス・アソシエイツ代表取締役)
・山本雅文さん(ロイヤルバンク・オブ・スコットランド東京支店
          ヘッドオブFXストラテジージャパン)
・池田雄之輔さん(野村證券外国為替アナリスト)
・兼平修一さん(みずほコーポレート銀行国際為替部次長)
・亀岡裕次さん(大和総研シニアエコノミスト)
・高島修さん(三菱東京UFJ銀行金融市場部チーフアナリスト)

初めて名前を聞く人もいらっしゃいますが、
雑誌やTVのコメントなどでも見かける方もいらっしゃいます。
各銀行、証券を代表するような立派な肩書きを持たれています。

その中でも若林栄四さんは有名人ですね。
テレビ東京のモーニングサテライトにも時々登場し
若林栄四さんは当ブログでも何度か取り上げたことがあります。
若林栄四さんはちょっと大胆な為替予想をする方です。

ドル円80円代へ!?若林栄四「黄金の相場学」
1ドル=74円へ 伝説のトレーダー若林栄四の予想

テクニカルアナリストはドル買い?
認定テクニカルアナリストのバカラ村さん、
確率的には7月はドル円は上昇とのこと。
詳細はブログで。
冴えるテクニカル分析「FXだけで?」ブログ15位  →人気blogRANKING


■2009年後半のドル円はどうなる?


さてそれでは具体的に9人の著名アナリスト達の
2009年後半のドル円予想を紹介したいと思います。

週刊ダイヤモンドには予想は折れ線グラフで書かれていて
具体的な数値では書かれておりません。
なのでここでは折れ線グラフから推測される為替レートを書きます。
多少の誤差はご了承ください。

あと週刊ダイヤモンドの予想が5月上旬に
インタビューされていることもあって、
6月末、9月末、12月末の3つの時点での
為替レートが予想されております。

ここでは6月末⇒9月末⇒12月末の順で予想を書きます。

・棚瀬順哉さん   92⇒98⇒100
・山下えつ子さん 100⇒85⇒95
・村嶋帰一さん   95⇒93⇒93
・若林栄四さん   96⇒95⇒92
・山本雅文さん  102⇒97⇒91
・池田雄之輔さん 97⇒95⇒90
・兼平修一さん   92⇒90⇒90
・亀岡裕次さん   94⇒91⇒89
・高島修さん    95⇒90⇒85

6月末のドル円が96円50銭あたりだったので、
すでに何名かのアナリストの方が脱落しておりますがww、
まあまあおしいところを付いている人もいます。
若林栄四さんもおしいですね。

全体的には年末にかけて円高を予想する
アナリストが多いようですね。

9名のアナリストの平均値を見ると

6月末  95.9円
9月末  92.7円
12月末 91.7円

となるそうです。

昨年のような激しい円高を予想する人は
少ないようではありますが、
じわじわと年末に向けての円高予想が
アナリストたちのコンセンサスのようです。

カリスマの予想外れる?
カリスマ予想で人気の小龍さん、
先週までドル円は超強気の円高予想でしたが、
ここに来てやや弱気でしょうか?
「7月2日まで底固く推移する可能性」と書いていますが、
まだ円高予想は継続のようです。
強気の円高予想は当たるのか?「共に学び?」ブログ8位  →人気blogRANKING


■アナリストの予想は当たらない


もしアナリストの予想が当たるのであれば
96円ミドルの現在のドル円は
絶好の売り場ということになります。

しかし過去の経験上アナリストの予想と言う奴は
外れることの方が多いような気がします。

アナリストと日経新聞と2chは
ネガティブインディケーターとして
活用した方が有効という話もありますw

個人的にはそもそも長期予想なんて
占いの域を出ないものと思っているので
娯楽の一つとして見ておくのをオススメします。
まあ気が向いたら年末にでも結果を見てみましょうかね。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すでに脱落した方々は、ある意味気が楽かもw
そもそも、当たらなくっても別に困らないんでしょうけど^^;
2009/07/02(木) 22:16 | URL | せいのすけ #-[ 編集]
こんにちは!
お~素晴らしい情報です
私はユーロドルなので早速、今から立ち読みしに行きます!

2009/07/04(土) 15:09 | URL | クロシロ #-[ 編集]
せいのすけさん
基本的にこれらのアナリスト予想なんて誰も検証しませんから、言った本人も何を言ったのかすぐに忘れちゃうんでしょうねw

クロシロさん
週刊ダイヤモンド、まだ店頭にあれば良いのですが。中古でよければアマゾンでクソ安く入手可能です。

ちなみにユーロドルはあまりにアナリストの予想がバラバラです。結果として平均値はほぼ横ばいとなっております。あれだけ優秀な方々が分析してあれだけ予想がバラけるということはFXでファンダメンタルなんて意味ないのかもしれませんね。
2009/07/04(土) 16:13 | URL | 外為錬金術師catu #-[ 編集]
コメントを投稿する 【宣伝は全て削除致しますのでご遠慮下さい。】
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:FX SEO対策:外国為替 SEO対策:錬金術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。