FX・外為(外国為替証拠金取引)で不労所得3億円を目指します。誰でも簡単に勝てる常勝の法則、錬金術を大公開!

外為錬金術TOP > スポンサー広告 >FOMCサプライズで円高ナイアガラ!!外為錬金術TOP > 外為日記 >FOMCサプライズで円高ナイアガラ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為錬金術師catuです。
今週のFXトレードの結果はいかがでしたか? 





■FOMCサプライズで円高ナイアガラ!


今回のFOMCは意外なことにサプライズがあり、
大荒れの展開になりました。

政策金利に関しては予想通りの金利据え置きでしたが、
FRBは今後半年間で、最大3千億ドル(約29兆円)の
中長期国債を買うというサプライズが付いておりました。

FRBの長期債買い入れによる流動性供給の実施報道により
マーケットでは米長期金利が0.5%も急低下し、
ドルも一気に急落。まさに「FOMCショック」となりました。

ドル円相場を見てみますとFOMC前は98円ミドルにいたのに
発表後は一気に96円まで急落。
一度リバウンドする素振りを見せながら
その後も落ち続け一時93円ミドルまで下落しました。
その差はなんと5円!!
久々のハイバーダイブ、ハイパーナイアガラとなりました。






■今回の典型的な負けパターン



それでは今回のFOMCショックのチャートを見てみましょう。

ドル円FOMCナイアガラ

このチャートを見ても分かりますが、
ずっと頭を押さえられていてなんとなく
イヤな雰囲気は事前からあったのですが、
ここまで落としてくるとは。
相変わらずやり過ぎな相場ですね。
こう見ると93円ミドルから96円までの
リバウンドもすごかですね。

高値で掴んだロンガーをまず抹殺、
欲張ったショーターやドテンショートした
元ロンガーもやっぱり抹殺。本当に恐ろしいですね。


今回のFOMCサプライズで損害を受けた
ロンガーの方は沢山いると思います。

恐らく一番ありがちな今回の負けパターンは
次のような感じではないでしょうか。


FOMC明けの19日の朝にモーニングサテライトを見て
(テレビ東京だからモーニングサテライトは地方ではやってない?
 朝の経済ニュース番組です。)
画面右上に出るドル円のレートを見て、
飲みかけたコーヒーを噴く。

急いでパソコンを立ち上げ激しい含み損にうろたえながらも、
「前回3月12日の時の円高も96円前後で
 リバウンドしたから、そろそろ底だろ。」
と考え96円前後でナンピン。

その後に円高第2波が発生。
94円割れで心が折れて損切り。
またはMC(マージンコール)で強制決済。

そしてその続に発生するドル円爆上げを
ノンポジで呆然と眺める。



恐らく大きく損した方はこんな1日を
過ごされたかと想像できます。

大きく損をされた方の心情はお察しします。
しかもちょうどFOMC直前に
FXで円高の時に使えるアスキーアート(AA)保管庫なんていう
記事を、神がかり的な間の悪さで書いてしまいました。
もし気分を害された方がいたらごめんなさい。


とは言っても今回大きな損害を出した人は
イベント前に過度なFXのポジションを残すこと自体が
ただの博打と化しているので褒められたものではありません。
最低でもストップを入れておくべきです。

確かにサプライズはないだろうと言われておりました。
実際に私もサプライズはないと思っておりました。
しかし絶対がないのがマーケットなのです。
そして2008年以降は頻繁に”サプライズ”やら
”ショック”が発生しているのですから。






■FOMCサプライズ円高の予兆があった?


今回のFOMCサプライズ円高に関しては、
確かにサプライズではありました。
しかしいくつかの予兆があったと言えなくもありません。

テクニカル的にも98円ミドルで頭を叩かれ
上値を切り下げてきていたので、
ちょっとヤバいかなという雰囲気は出ておりました。


サイクル理論の「共に学び?」ブログの小龍さんも
急落を予想されていました!おみごとです。






そしてファンダメンタルの点でも
実はいくつか予兆らしきものはあったのです。

そのファンダメンタル面での
FOMCサプライズの予兆ですが…

まずは、英中銀イングランド銀行(BOE)の動きです。

今回のFRBの国債買い入れの前に、
まず巨額の国債買い入れに踏み切ったのは、
英中銀イングランド銀行(BOE)たったのです。
今月5日に今後3カ月で約750億ポンド(10.3兆円)分
英国債などを購入すると発表しておりました。

そして英中銀イングランド銀行(BOE)に続いて、日銀の動き。
日銀は今月18日に国債の買い入れ額を
年16.8兆円から21.6兆円に拡大すると決めておりました。
あくまでも「金融調節の一環」と説明しており
従来の量的緩和政策とは違うという立場でしたが、
市場に資金を大量供給する点では同じです。

う?ん、なんか各国が足並みをそろえているように見えますね。
この動きを見ていると今回の発表はサプライズではなく
すでに予定されていたものだったと言えそうです。


■FOMCサプライズ前に偽造(?)されたマーケット


そして今回のFOMCで大きな追加金融緩和政策の
発表がないであろうとマーケット参加者が思っていた理由の一つに
株価が上昇しており、ドルも買われていてマーケット全体が
比較的安定しているように見えていたことがあります。
そんなにあわてて手を打たなくても大丈夫そうに見えていました。

ここからはただのオカルトかつ私の妄想に過ぎませんが、
私にはどうもこのFOMC前の相場が意図的に
作られていたような気がしてなりません。

バーナンキの超楽観発言から始まり、シティ黒字化のニュースなど
マーケットが安定していることを大げさにアピールするような
ちょっと不自然なニュースが流れていました。

過去記事参照
バーナンキFRB議長超楽観発言
シティ黒字で楽観ムード

だからこそマーケットは楽観的になっていたわけですが、
なのにここにきてFOMCで国債の大量購入の発表。
そう、実は全然金融マーケットは安定なんぞしてないのです。

これらの流れ全体を見てみると、どうも今回の発表によって
株安・ドル売りが発生することを見越して
事前に無理やり株とドルを上げていたように見えてきてしまうのです。

これ以上書くとそれこそ私がヤカラの伝道師になってしまうのでw
ぼちぼち止めておきますが、最近のなんでもありの
アメリカを見ているとやりかねないように思えます。





国が発行する国債を国が印刷したお金で買うという
なんだか限りなく胡散臭い行為が今後の世界経済に
どんな影響を及ぼすことになるのでしょうか?


アメリカさん、ドルの暴落で
世界を恐慌に巻き込まないようにお願いしますよ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 \         /_ /     ヽ /   } レ,'        / ̄ ̄ ̄ ̄\
  |`l`ヽ    /ヽ/ <´`ヽ u  ∨ u  i レ'          /
  └l> ̄    !i´-)     |\ `、 ヽ), />/        /  地  ほ  こ
   !´ヽ、   ヽ ( _ U   !、 ヽ。ヽ/,レ,。7´/-┬―┬―┬./  獄  ん  れ
  _|_/;:;:;7ヽ-ヽ、 '')  ""'''`` ‐'"='-'" /    !   !   /   だ.  と  か
   |  |;:;:;:{  U u ̄|| u u  ,..、_ -> /`i   !   !  \   :.  う  ら
   |  |;:;:;:;i\    iヽ、   i {++-`7, /|  i   !   !  <_      の  が
  __i ヽ;:;:;ヽ `、  i   ヽ、  ̄ ̄/ =、_i_  !   !   /
   ヽ ヽ;:;:;:\ `ヽ、i   /,ゝ_/|  i   ̄ヽヽ !  ! ,, -'\
    ヽ、\;:;:;:;:`ー、`ー'´ ̄/;:;ノ  ノ      ヽ| / ,、-''´ \/ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ̄ ̄ ̄            Y´/;:;:;\
catuさんに教えてもらったの、ここで使ってみま~す♪
2009/03/23(月) 15:34 | URL | しましま 誰にもナイショ★デイトレードで稼ぐFXママ #-[ 編集]
しましまさん
ちょwww
いきなりでびっくりしました。
本当に地獄はこれからかもしれませんね。
2009/03/23(月) 21:44 | URL | 外為錬金術師catu #-[ 編集]
コメントを投稿する 【宣伝は全て削除致しますのでご遠慮下さい。】
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:FX SEO対策:外国為替 SEO対策:錬金術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。