FX・外為(外国為替証拠金取引)で不労所得3億円を目指します。誰でも簡単に勝てる常勝の法則、錬金術を大公開!

外為錬金術TOP > スポンサー広告 >イギリスは終わった Part.1外為錬金術TOP > 外為日記 >イギリスは終わった Part.1
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為錬金術師catuです。
FXトレードの調子はいかがですか?



■売られるポンド


本日の話題はグレートブリテン及び北アイルランド連合王国、
いわゆるイギリスの通貨である?(ポンド)について。

皆さんもご存じの通り最近ポンドが売られ続けております。
まずは以下のチャートをご覧下さい。
売られるポンド

ポンドは対円や対ユーロのみならず、金融危機で大荒れの
アメリカドルに対しても売られ続けております。

特に馴染みが深いこともありますが、
ポンド円の落ち方には目を見張るものがあります。

先週のポンド円の終値が122.50円。
本日は少し戻して124円前後になってますが、
2007年7月に1ポンド250円を付けた時と比べると
まさに半値、50%offという惨状です。
国家元首エリザベス女王がお札に印刷されている
ポンドがここまで売られるとは…。
女王閣下もお悲しみのことだと思います。

ただある意味では今までがポンドが過剰評価されていて
ようやく正常化したと言えなくもないですね。
私は数年前にポン円200円以上のときに
イギリスに旅行に行ったのですが、
マックのセットが日本円だと1,000円近くしたり、
電車の初乗りも500円ぐらいするなど
「おいおい、ちょっと高すぎるだろ。」と
当時思っていましたから。




■イギリスの抱える爆弾、RBSの巨額赤字


そして先週イギリス経済にとって致命的ともいえる
衝撃的なニュースが報道されました。

英銀2位のロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)が
2008年通期の最終損益について、
最大280億ポンドの赤字になるとの見通しを発表したのです。

英RBS、08年に赤字とのれん代で最大280億ポンドの損失
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-35948220090119

なぜか日本での報道が非常に小さかったように思えますが、
イギリスではもちろん1面トップのニュースです。
だって280億ポンドですぜ!
現在の50%offの為替レートで換算しても
日本円でいえば約3兆5000億円の赤字です。

当然RBSの株は売られました。ハンパないレベルで。
以下がロンドン市場における
暴落したRBSの株価チャートです。
RBS株 日足
RBS日足

何?この株価チャートは? ((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

19日のロンドン市場ではRBSの2008年通期決算が
過去最大の最終赤字になったという発表に加 えて、
政府による出資比率が58%から
最大70%に拡大することも嫌気されて
前週末比67%安と暴落しました。

もう少し長期のスパンのRBS株のチャートも見てみましょう。

RBS株 月足
RBS月足

おおお、2007年頭にはRBS株は600ペンス近くだったんですね。
それが先週の終値が12.48ペンスって…。
株って怖いですね。FXなんてかわいいもんですよ。





■イギリスはRBSを救う余力があるのか?


RBSによると、08年通期で、保有証券化商品の評価損などが70億?80億ポンド。
さらに、過去に買収したオランダ大手銀ABNアムロホールディングの
のれん代を中心に150億?200億ポンドの損失が発生する可能性があるそうです。


イギリス政府は昨年10月に金融安定化策を発表して、
RBSなど大手三金融グループに公的資金で
総額370億ポンド(約4兆5000億円)の資本を注入したばかり。
それからたった3か月で再度金融政策の見直しを迫られている状態です。
そもそもこの資金注入がなければRBSはとっくに飛んでいたのかもしれませんね。
まさに焼け石に水状態です。

イギリスではRBSの国有化は避けられないと言われているようです。
でも今のイギリスにRBSを救える余力があるのでしょうか?
まさかイギリスがアイスランドみたいひどい状態には
ならないことを願うかぎりですが。

こう言っては何ですが、イギリスは金融でなんとか食っている国です。
これといった大きな産業もなく、メシもまずいw
金融だけが極度に発達していた産業だったのです。
その金融が壊滅状態の現在においてイギリスは
実はアメリカ以上にヤバい状態だとも言えます。
だからこそ対ドルでもポンドは売られているのです。

今回の記事のタイトル「イギリスは終わった」は
私catuの言葉ではありません。
さすがの私もそこまでは言いません。
言ったとしても「イギリスのメシはマズイ」ぐらいですw

でもむしろこれが弱小FXトレーダーにすぎない、
私の言葉だったら良かったんですけどね…。

実は今回の記事は日曜日の夜に9割程度書き終わったところで
保存する前に記事が消えるアクシデントに見舞われ、
今日1から復元してきたのですが、さすがにここで心が折れました。
一度書いた文章をまた書くのは苦痛ですね。
遅筆な私の2時間を返してくれorz

まだ記事としては折り返し地点ぐらいなのですが、
大変申し訳ありませんが、今回はここまでにします。
次回「イギリスは終わった Part.2」をお楽しみに!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日本も終わりでしょうか?
失業保険の1週間の待機期間があけて職安へいくと、予想以上の仕事の無さ… 僕は県外の名古屋市内で働きたいのでもう介護ヘルパ―の仕事でもやろうかと思います。愛知県の自動車工場をリストラされたひとたちで仕事が埋まってしまってるらしいです。僕はこれから愛知県て゛アパート借りて住民票を取得するつもりです。
2009/01/28(水) 13:09 | URL | 毒舌虫 #-[ 編集]
毒舌虫さん
愛知県はトヨタが力を失うと本当に厳しいですね。私の取引先でも名古屋地区の店舗は売上が厳しいと聞きます。
新聞ではパナソニックも野村ホールディングスも赤字というニュースが流れておりました。日本の未来もとても明るくはないようです。
厳しい状況が続きますが、がんばってください。
2009/01/28(水) 22:21 | URL | 外為錬金術師catu #-[ 編集]
コメントを投稿する 【宣伝は全て削除致しますのでご遠慮下さい。】
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:FX SEO対策:外国為替 SEO対策:錬金術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。