FX・外為(外国為替証拠金取引)で不労所得3億円を目指します。誰でも簡単に勝てる常勝の法則、錬金術を大公開!

外為錬金術TOP > スポンサー広告 >米金融の悪決算、約7年ぶりの水準へ悪化した米フィリーも無視 底堅いドル円相場外為錬金術TOP > 外為日記 >米金融の悪決算、約7年ぶりの水準へ悪化した米フィリーも無視 底堅いドル円相場
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為錬金術師catuです。
FXトレードの調子はいかがですか?

風邪引きと出張の連続でかなりしんどい週を送っているcatuです。
明日も出張で朝が早いのでちょっと短めですが更新します。

昨日、今日と金融機関の決算が発表になっております。
JPモルガン・チェースの第1四半期決算は純利益が23億7300万ドルと
前年同期比50%減少、サブプライムローン問題関連で
約60億ドルの損失を計上しました。
ただ他の金融大手ほどの損失計上は回避、
ネガティブサプライズはありませんでした。

そして米証券大手のメリルリンチは第1四半期決算が19億6200万ドルの
大幅赤字となると発表しました。
赤字計上は3四半期連続で、サブプライムローン関連の損失が
97億ドル(約9800億円)に膨らんだことが大きく影響しました。

正直かなり悲惨な決算結果です。
でもマーケットは不思議なもので
悪い内容の決算だととしても…
⇒⇒為替ブログランキングを読む
予想通りだと反応がないのです。
ただ個人的にはこれらの評価損は
かなり甘い評価な印象を受けますが。

今週に入ってからのいくつか指標も予想より強いこともあり、
クロス円、ドル円相場はかなり堅調です。
どこの誰かが強い意志を持って買っている印象です。

先ほど発表になった米4月フィラデルフィア連銀製造業指数は▲24.9となり、
市場予想の▲15.0より弱い結果となりました。
このフィリー指数はITバブルが破裂した2001年以来の悪い水準。

発表直後は50銭近く一気にドル円は売られましたが、
その後一気にリバウンドして行って来いの展開。

うーん、ここで強気で買ってくる理由が分かりませんが、
まあ誰かが相場を上げたがっているのでしょう。

確かにドル円相場は現在重要なポイントにいると思います。
124円を頂点とする下落トレンドと
96円を底とする上昇トレンド。
この2つのトレンドがまさにぶつかっているところです。
もし102円後半から103円をキープできれば、
中期的な上昇トレンドが期待できるかもしれません。

ただし103円の壁は過去にも何度も阻まれています。
ここをぶち抜かせようとする筋と
それを阻止する筋がぶつかっているのが今の状況です。
そして明日がシティグループの決算です。

非常にわくわくする展開なのですが、
明日も出張の私は帰宅が遅いので
全くマーケットが見れません(涙)
個人的には落ちればショートで勝負したいのですが、
見れない相場に過度なリスクは取れませんので、
今回はちょっっぴりショートポジ残して見守るだけにします。


累積スワップが75万!豪ドルFXで?
→為替ブログランキングに6位
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する 【宣伝は全て削除致しますのでご遠慮下さい。】
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:FX SEO対策:外国為替 SEO対策:錬金術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。