FX・外為(外国為替証拠金取引)で不労所得3億円を目指します。誰でも簡単に勝てる常勝の法則、錬金術を大公開!

外為錬金術TOP > スポンサー広告 >確定申告シーズン直前 確定申告の準備をしましょう? 外為錬金術 FXで目指せ不労所得3億円外為錬金術TOP > 税金・確定申告 >確定申告シーズン直前 確定申告の準備をしましょう? 外為錬金術 FXで目指せ不労所得3億円
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為錬金術師catuです。
FXトレードの調子はいかがですか?

本日20日の株式相場は前場は100円安程度だったのですが、
後場になって売りが加速し前日比447円54銭安の
1万3310円37銭と安値引け、
3日ぶりの大幅反落となりました。

フィナンシャル・タイムズ紙で、
米プライベート・エクイティ・グループの
KKRファイナンシャル・ホールディングスが
数十億ドルに上るCPの償還を2度に渡り延期し、
債権者との交渉を開始したと報じられた事が
売りにつながったといわれております。

一方外為相場は円安でスタートし、
一時ドル円は108.20円を目指す勢いでしたが、
日経の急落を受けて円高に。
ドル円は一時107.50円まで急落しました。
しかしそこで急反発し現在ドル円は
108円まで戻しております。

上に行くにも下に行くにも材料不足で
完全にレンジを形成しております。
ただレンジの幅が狭まって来ているので、
どちらかにブレイクする可能性はあります。
あまりにレンジ幅が狭くて難しいので
どちらでも良いので早くブレイクして欲しいですね。

さて、先日途中っぽくなっていた確定申告の記事の
続きを書きたいと思います。
概要は前2回の記事で書いたのですが、
その他の注意点を書きたいと思います。

確定申告過去記事参照

確定申告シーズン直前 確定申告の準備をしましょう?

確定申告シーズン直前 確定申告の準備をしましょう?

今年確定申告をする人はもちろん、
今年は確定申告しない人も将来のために
是非過去記事を含めてご覧ください。

FXの確定申告に関してはあまり情報が充実してないので
少しでも参考になれば幸いです。

さて、前回の2回の記事を参考に、
自分が取引しているFX業者のHPを見れば
なんとか去年1年の自分の取引の詳細が分かり、
それを証明するデータも入手できたと思います。
皆さん印刷して用意できましたか?

さて、その取引報告書なんですが、
確定申告の際にはなんと
必ずしも提出の必要はありません!

FXの確定申告する際に取引報告書などの証明書は
必ずしも添付する必要はないのです。

ただし税務署より説明を求められた場合は
きちんと詳細を説明出来るように
その取引報告書が必要になります。

そして取引報告書は7年間保管しておかねばなりません。
7年の間税務署から突っ込まれても説明出来るように
紙なりデータなりで保管しておく必要があるのです。

たとえば貴方は去年の取引で
A社 プラス100万円
B社 マイナス90万円

という成績を収めたとします。

トータルではプラス10万円なので
あなたは基本確定申告しなくても良いはずです。


しかし税務署がA社の取引履歴をチェックしていて
「おまえ、A社で100万儲けとるのに確定申告しとらんやんけ!!」と
仮に突っ込んできた場合は、
きちんと「私はB社で90万損していたんだ」と
説明する必要が発生するのです。

取引履歴を取っておかなくても、きちんと履歴を把握していれば
「B社に問い合わせてくれ」と言えば大丈夫でしょうが、
確定申告対象外の方も一年を振り返る意味でも
取引履歴を把握して、保管をしておくに越したことはありません。

とりあえずここでお断りしておきたいのですが、
正直添付資料や提出資料に関しては
税務署や職員によって対応がまちまちだったりするようです。

ブログなどを読んでいても提出が必要だという人もいれば、
必要ないという人もいるのは、それぞれ税務署から
言われたことに違いがあるからのようです。

特に必要経費の取り扱いなどは
税務署によって認める、認めないの違いがあるようです。
(というより細かくチェックする、チェックしないの差かもしれませんが)

必要経費で確定申告の時FXの税金が減らせるかも?

なので最終的には自分が行く税務署に問い合わせるのが一番です。
匿名で問い合わせることが可能ですのでじゃんじゃん聞いてください。
そしてちょっといやらしいですが、聞いた人の名前を押さえておいて
「○○さんが認めると以前に言っていた」と言うのも良いでしょう。


とりあえずやらねばならないことは
トータルの雑所得を抑えて、
それから経費を差っ引いて申告する金額を出す。
これが終わればあとは書類を書くだけです。

正直個人ではあまり申告できる必要経費はないかもしれません。
でもプロバイダー料金とかも経費として一部通る場合もあるので
トライしてみる価値はあるでしょう。(私は面倒なのでしておりませんが)


とりあえず確定申告の準備に関してはここまで。
書類の書き方とかはちょっと面倒なので
よほど暇があったらこちらで書きます。
ただ自分の確定申告が今年はいろいろ面倒そうなので
週末はそちらに集中するつもりです。


最後に本当は確定申告の対象だけど、
「まあ今年はいいや」と思っている人へ。

恐らく来年以降FXへのチェックは厳しくなります。
FX業者は顧客の取引履歴の提出が義務付けられそうです。
そうしたら過去へ遡ってチェックされる可能性は高いです。

今でも税務署から求められればFX業者は履歴を提出しています。
特にくりっく365については既に上に報告が上がっていると思われるので
100%脱税はバレると考えたほうが良いでしょう。

そして税務署の怖いところは
ある程度脱税金額が貯まってから来るらしいです。
どうせなら数年分まとめて取ったほうが手間が省けるので。
ひょっとしたらあなたは泳がされてるだけかもしれません。

税務署はFXに関しては本気のようです。
ブログをチェックする専属チームもあるとか。
そしてタレこみもかなりあるようです。

現役税務署員がこっそり語る確定申告の裏側


なのでみなさん、脱税など考えずに確定申告して
しっかり納税いたしましょう。

ちなみに税務署は通常は土日はお休みですが、
確定申告のシーズンだけ一部日曜も営業する日が
あったりしますのでサラリーマンの方は利用しましょう。

で、私自身の確定申告ですが
資料関係は現在まとまっているのですが、
よく分からない部分があるので半休でも取って
いちど税務署に出向いてみようかなぁと思っています。

今のところ概算でも給料1ヶ月分ぐらいの納税が必要になりそうですが、
私は昨年株で確定はしてないにせよ○百万の含み損が増えているので
FXの利益分で納税するのはなんだかすごく納得がいかないですね。
早く株もFXも損益を通算出来て、業者が税金を納めてくれるような
新しい税制の成立を願うばかりです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する 【宣伝は全て削除致しますのでご遠慮下さい。】
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:FX SEO対策:外国為替 SEO対策:錬金術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。