FX・外為(外国為替証拠金取引)で不労所得3億円を目指します。誰でも簡単に勝てる常勝の法則、錬金術を大公開!

外為錬金術TOP > スポンサー広告 >GDP好調で株価大幅上昇!マーケットは楽観論に 外為錬金術 FXで目指せ不労所得3億円外為錬金術TOP > 外為日記 >GDP好調で株価大幅上昇!マーケットは楽観論に 外為錬金術 FXで目指せ不労所得3億円
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為錬金術師catuです。
FXトレードの調子はいかがですか?

本日14日の日経平均株価は大幅続伸しました。
大引け概算の日経平均株価は
前日比558.15円高の13626.45円!!
日経平均は今年最大の上げ幅を記録しました。

米1月小売売上高が予想外に前月比プラスを達成、
米国株市場の上昇、為替市場の円安推移と
好条件がそろったところに、寄り前に発表された
10-12月期のGDP速報値が年率換算で前期比3.7%増加。
市場予想平均の1.5%を大きく上回る高成長となったことで
景気悲観論が一歩後退した感じです。

個人的には株価の上昇は非常にありがたいのですが、
昨日の記事にも書きましたが……
どう考えても、はしゃぎすぎです。

GDPは確かに良かったですが、
中身を見てみると輸出増を見込んだ設備投資、
一時的な政府消費の増加で、
個人消費は相変わらず冷え込んでいます。

今回の牽引役である輸出も、
サブプライムローン問題による
世界経済の動向によっては減速する可能性もあります。


そしてまさにサブプライムローン問題関連では
本日スイスの金融大手UBSの2007年10?12月期決算が
発表されました。
サブプライムローンを含む米住宅市場などの混乱に伴い、
137億ドル(約1兆5000億円)の追加損失を計上しました。

UBSは7?9月期にも約4100億円の損失を計上したばかり。
まだまだ大手金融機関は膿を出し切っていません。
どこにどんな爆弾が埋まっているか分かりません。

ちょっと良いニュースで楽観的になるということは、
ちょっと悪いニュースで悲観的になるということです。
あまり一方的に賭けるのは止めときましょう。


さて、今日は最近ダウンロードしたヒストリカルデータを
エクセルで加工しながら色々遊んでいます。
普段仕事でエクセル使っててもあまり面白くないですが、
こういうのでエクセル使うのは楽しいですね。

現在ドル円の日足の高低差の
1997?2007年の平均をピボットテーブルで出してみてます。
これを見てみるとちょっと意外なデータが出ております。

ちなみに皆さんドル円の1日の高低差って
どれぐらいあると思いますか?

もしこの数字を知りたければ
次回をお楽しみに!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する 【宣伝は全て削除致しますのでご遠慮下さい。】
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:FX SEO対策:外国為替 SEO対策:錬金術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。