FX・外為(外国為替証拠金取引)で不労所得3億円を目指します。誰でも簡単に勝てる常勝の法則、錬金術を大公開!

外為錬金術TOP > スポンサー広告 >必要経費で確定申告の時FXの税金が減らせるかも? 外為錬金術 FXで目指せ不労所得3億円!!外為錬金術TOP > 税金・確定申告 >必要経費で確定申告の時FXの税金が減らせるかも? 外為錬金術 FXで目指せ不労所得3億円!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為錬金術師catuです。こんばんは。

さて、前回から書き始めたFXの税金と確定申告について。
せっかくのお休み中になんでこんな税金と確定申告なんて
面倒くさいテーマの記事を書き始めたのか後悔してますがw、
乗りかけた船ですので、続きを書きたいと思います。

FXの税金と確定申告関連の前回記事はこちら
FXで確定申告が必要な人

今回は前回の記事の続きで
FXの利益から差し引くことができる必要経費についてです。

雑所得はその所得を得るために生じた
必要経費が認められます。
FXにおける利益(合計損益+スワップ合計)から
必要経費を差し引いた金額がFXにおける雑所得となります。


それではFXの利益を得るために生じた
必要経費とは何が該当するのでしょうか?

課税対象となる利益から
差し引くことが出来るものなので、
しっかりと把握して必要経費を
増やすに越したことはありません。


一般的には以下のものが必要経費と
考えられます…

>>>為替ブログランキンに戻る








>>>FXブログ村に戻る
◆売買手数料◆
FXにおける売買手数料は必要経費になります。
ただし期間内に確定したポジションの売買に関する手数料のみが対象です。
未決済のものは計上できません。

◆振込手数料◆
FX業者の指定の金融機関の口座に資金を出入金した時の手数料は、
必要経費として計上可能です。

◆資料代◆
FXの勉強のために買った書籍・雑誌などの代金も必要経費になります。
新聞は一般紙は難しいようですが、
日本証券新聞等の専門誌は認められることもある模様。
多分FXの情報商材なんかも経費で落ちると思われます。
あと有料のセミナーなどへの参加費もここに該当すると
考えてよいでしょう。

◆消耗品費◆
取引するにあたって使った筆記用具、ノート、ファイル、
取引画面をプリントアウトするための印刷用紙、インク代などは
必要経費として認められることが多いとのこと。

◆電話代・プロバイダ料金◆
電話代、プロバイダ料金なんかも必要経費として認められることもあるようです。
ただし使用時間のうちどれくらいを為替取引に費やしたかの割合を計算し、
その割合分だけ計上する必要があります。

◆PCの購入費◆
PCの購入費も取引の為に使った割合が証明できれば、
減価償却した上で一部が経費として認められるようです。

◆交通費◆
FXの取引会社が開催するセミナーなどへの交通費については、
認められるようです。

◆交際費など◆
為替取引に関する情報収集のため必要とされる
会議や打ち合わせの為の飲食代などの費用です。
まあオフ会も該当するのでしょうか。
ただ高額な会食費は経費としては認められないようです。


これら上記のものが必要経費として認められる可能性があります。
断言しないで”可能性がある”と言っているのは
経費として認めるか認めないかの最終的な判断は
税務署によって異なるからです。
なので最終的には確定申告をする税務署に聞くしかありません。

ただ経費として認められたらめっけもんですので、
なにか経費に計上出来そうなものがあったら、
必ず領収書をフルネームで書いてもらい、
こまめに貯めておくのが良いでしょう。

「げ、そんなの知らなかったから何も取ってねぇよ。」という人も
結構いるのではないでしょうか?

売買手数料とかはFX業者の取引履歴などを印刷すれば済みますが、
他の部分はなにも履歴が残っていない可能性がありますね。

ただまだあきらめないでください。

もし領収書がないとしても、例えばamazon(アマゾン)などのネット上で
本を買ったなら購入履歴がまとめて見れる可能性があります。
セミナーの申し込みや情報商材を買った際にも
購入した商品・サービスの確認のメールが来たりすることもあります。
何処かにお金を振り込んだならその履歴や、
カードで購入したならそのカード利用の履歴が見れるかもしれません。
それを印刷して持っていけば認めてくれる可能性もあります。

ただあくまでも「認めてもらえるかも」という話です。
来年以降はきちんと領収書を取っておくことを
習慣付けましょう。


ちなみに計上した経費の領収書は確定申告の書類の提出の際には
必ずしも必要ではありません。

税務署から何か言われた時にに、
証拠を出せるように準備しておいた方が良いです。

税務署によって異なるのかもしれませんが、
多額の利益を上げている場合、大きな経費を計上している場合には
チェックが入るかもしれません。
ただ多くの場合小額の利益しか上げていない人の確定申告を
いちいち細かくチェック出来ていないのが現状のようです。

さて、今回のFXの税金と確定申告に関する記事は
必要経費についてお話しました。

次回はこれまでの話を受けて、
今年中に出来る税金対策について
書きたいと思います。

まあ今年中といっても正直あと1日しかないわけでw、
来年以降のための知識としてお勉強しましょう。

あと一応念のために言っておきますが、
私もFXの税金と確定申告について
勉強中の一人です。
知識ゼロではありませんが、
皆さんと大差ありません。

なので私が書いていることも間違いがあるかもしれませんし、
細かいことを聞かれてもご返答できない部分があります。

もし正確なことが知りたいなら、
直接国税庁・税務署に問い合わせるのが確実です。
(まあ対応が必ずしも良いとは限りませんが…)
「こちらのブログの内容で税金減らし損ねた」なんて言われても
困ってしまうので、その点はご了承下さいませ。











■税金が有利な「くりっく365」のお勧め業者■
スターアセット証券
三貴商事【INV@ST】







RUEさんの通貨パワーランキングは必見です。
通貨の強弱を判断し、最強通貨と最弱通貨のペアを売買する。
常勝トレーダーはこれを意識している方は多いです。
ただなかなか素人では判断が難しいのは確かです。
是非RUEさんのブログを参考にしてみてください。

>>>為替ブログランキングランキング29位

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
経費は、かなりあるのですが差し引くところの、儲けがありません(´∇`)
ウッ(泣)頑張りばす(;_;)
2007/12/30(日) 22:24 | URL | からびな #-[ 編集]
ご無沙汰しておりました。
税金対策・・・最近よく考えております。
経費のレシートやら領収書は残しているのですが、まだ未整理の段階です。
このあとの記事も期待しております。
2007/12/31(月) 09:41 | URL | とある新米社員K #-[ 編集]
からびなさん
ううっ(泣)。でも皆黙ってますが、大半の人は確定申告の対象外だと思います。年間20万ってそんなに簡単じゃないですよ。

とある新米社員Kさん
税金は本当に悩みどころですね。納税は国民の義務ですが、出来れば少なく済ませたいw
必要経費は正当な権利ですので、ダメ元でも良いので堂々と主張すべきだと思います。
2007/12/31(月) 12:50 | URL | 外為錬金術師catu #o14txy56[ 編集]
コメントを投稿する 【宣伝は全て削除致しますのでご遠慮下さい。】
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:FX SEO対策:外国為替 SEO対策:錬金術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。