FX・外為(外国為替証拠金取引)で不労所得3億円を目指します。誰でも簡単に勝てる常勝の法則、錬金術を大公開!

外為錬金術TOP > スポンサー広告 >米0.25%追加利下げ 金融不安消えず 外為錬金術 FXで不労所得3億円外為錬金術TOP > 外為日記 >米0.25%追加利下げ 金融不安消えず 外為錬金術 FXで不労所得3億円
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為錬金術師catuです。
FXの調子はどうですか?
外為市場はちょっと荒れ模様ですね。

先ほど帰宅したばかりですが、
昨日FOMC直前の記事を書いたので、
今日は短めにFOMCの結果を書きます。

結局FOMCは予想通り0.25%の追加利下げに踏み切りました。
まあ予想通り。

今現在金融市場の緊張は和らいではいますが、
目先は住宅市場の調整が激しくなり、
景気拡大のペースがにぶることが予想されるため
利下げに踏み切ったようです。

しかし金融緩和がインフレを再燃させるのではと
懸念も表明しました。
たしかに投機資金の流入で原油や金の相場が
暴騰しておりますのでインフレも無視できません。

今後FRBは金融不安による景気減速と
インフレ加速の両方を眺めながら
非常に難しいかじ取りをすることになりそうです。


今回利下げに対して反対者が1名出ており、
声明の内容からも年内の追加利下げの可能性は
すこし低くなったといえるかもしれません。

しかし今日の外為・株式相場をみていると
まだまだマーケットは金融不安から
脱したようではないようです。

FOMC直後、ドル円は115円を割り一時円高になりましたが、
その後は円安傾向で116円近くまで上昇しました。

しかしNYタイムに入ってから…
ドル円やクロス円が急落。

ニューヨーク・タイムズがアナリストによって
シティグループの配当見通し及び投資評価が
引き下げられたと報じたことに加え、
エクソン・モービルの決算が予想以下に止まったことで、
ダウ先物が急落したのが円高を誘った模様です。

しかも23時からの米10月ISM非製造業指数は50.9となり、
市場予想の51.5より弱かったこともあり、
株安、円高とリスク回避の傾向が強まっております。

結局FOMC利下げを受けた株高も円安も
あっという間に打ち消された感じです。
楽観と悲観がコロコロと入れ替わり、
やり辛い相場です。非常にトレンドが短い。

米10月雇用統計を控え市場はとりあえず
ポジション調整をしているのかもしれません。

スキャルするには面白い相場なのかもしれませんが、
最近忙しくて完全にお手上げの相場です。
ほぼノンポジ状態が続いております。

まあ休むも相場。
特に最近仕事が激務なこともあり、
やりやすい相場になるまで高みの見物ってのも
時には悪くありません。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する 【宣伝は全て削除致しますのでご遠慮下さい。】
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:FX SEO対策:外国為替 SEO対策:錬金術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。