FX・外為(外国為替証拠金取引)で不労所得3億円を目指します。誰でも簡単に勝てる常勝の法則、錬金術を大公開!

外為錬金術TOP > 外為錬金術ARCHIVE - 2009年03月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外為錬金術師catuです。
FXトレードの調子はいかがですか?



■GM・フォードへの最後通牒


30日の12時から行われたオバマ米大統領の会見で
米自動車大手GMとクライスラーに対して、
抜本的なリストラを実施するなど厳しい条件のもと
それぞれ60日、30日の短期運転資金を供与すると発表しました。

一応資金供給をするとは言えとても救済とは言えず、
最後通牒ともとれる今回のオバマ大統領の発表。
これでまさにGM・クライスラーは崖っぷち状態になりました。

この短期運転資金の融資の引き換えに
GMに対してはワゴナーCEOの辞任を要求、
クライスラーに対しては、単独での生き残りは困難として、
イタリアのフィアットとの提携をまとめるよう要求しました。

オバマ大統領は
「自動車産業をあっさり消滅できないし、させてはならないし、させない。
まぎれもなくアメリカンスピリットの象徴だ」
と強調しながらも、
「際限のない税金投入は出来ない」として、
抜本的な再建計画が次に出てこない場合は、
連邦破産法11章を適用して事業を継続する形での
破産申請の可能性にも明言しています。

■GM・クライスラーの破綻は決定事項?


今回のオバマ大統領の会見を見ている限り、
どうも本気でGM・クライスラーが抜本的な
リストラ策を次に用意して来るとは
考えていないように見えます。

今回のGM・クライスラーの延命措置は
オマバ大統領からマーケットへ送られた
GM・クライスラー破綻のサインであり、
マーケットにそれを事前に織り込ませようとしている。
なんともそんな雰囲気を感じてしまいます。

オバマ大統領の会見における
次のような発言からもそれが感じられます…

FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  
スポンサーサイト
外為錬金術師catuです。
FXトレードの調子はいかがですか?



ちょっと予定を変更して更新です。

本日ドル円が大きく売られております。
午前中には98円25銭あたりにいたドル円が
一時96円まで売られる展開となりました。

円高になっている理由は…

FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  
外為錬金術師catuです。
今週のFXトレードの調子はいかがですか?





■2009年F1GPスタート


先週の日曜日、2009年度始めてののF1グランプリが
オーストラリアにて開催されました。
レギュレーションも大幅に変わり、
まさに新世代F1という感じのエキサイティングなレースでした。
(結果は録画で見る人もいると思いうので省略します。)

F1グランプリは世界中のドライバーとメーカーが参加して、
世界中で開催される世界最高峰のエンターテイメントです。
そしてこの何億円ものお金が費やされている
F1の変遷を眺めることで世界経済のパワーシフトが
浮かび上がってきます。

今日は個人的な趣味もありますがw、
F1GPの変遷に見る世界経済について書きたいと思います。






■F1グランプリの文化はヨーロッパ中心


1950年にイギリスのシルバーストン・サーキットで始まったF1。
当初はヨーロッパを中心にグランプリが開催されていました。
F1のチームを見ているとフランスのルノー、
イタリアのフェラーリ、ドイツのメルセデスなど
ヨーロッパ系のメーカーが主流を占めております。
F1はやはりヨーロッパ中心の文化なのです。

ヨーロッパにおけるF1の地位も非常に高く、
サッカー等とともに最も市民の尊崇を集めるスポーツの一つです。
日本人ならほとんどの人が好きなプロ野球チームがあるように
(最近は一概にそうとも言えないかもしれませんが)
ヨーロッパでは誰でも好きなF1チームがあります。
日本ではF1は一部のヲタの趣味になっておりますが、
ヨーロッパにおいては子供からお年寄りまで根付いた
伝統のスポーツなのです。


■ナイトレースを行った本当の理由は!?


昨年シンガポールグランプリで史上初の夜間グランプリ、
ナイトレースが行われました。

シンガポールGPナイトレース

真っ暗な街に浮かび上がったサーキットを疾走する
F1マシーンの姿は幻想的で素晴らしい光景でした。

しかしこのナイトレースが行われた理由は
決して美しいレースを見せるためではなかったようです。
聞いたらちょっと驚くような自己中心的な理由なのです。

シンガポールが高温多湿なため夜間にしたという理由もありますが、
なによりも夜にレースを行った本当の理由は…
FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  
外為錬金術師catuです。
今週のFXトレードの結果はいかがでしたか?




■気になる他のFXトレーダーの注文(オーダー)情報


以前に書いた続く円安相場に売り向かう個人投資家で、
個人FX投資家の保有ポジションを知る方法について書きましたが、
すでに保有しているポジションも気になるところですが、
FX個人投資家のオーダー状況も結構気になりますよね。

マーケット参加者がいくらぐらいのところから買いを入れているのか、
またはいくらぐらいのところに売りをいれているのか。
それが分かれば相場の節目になるポイントが分かります。
FXトレーダーたちの心理を読む参考になるのです。

株をやっていると「板情報」と言って
マーケット参加者がいくらのところに
どのぐらいオーダーが入っているのを
全部見ることが出来るのですが、
FXの場合は相対取引なのでマーケット参加者の
全てのオーダーを見ることはできません。



■FXトレーダーの注文(オーダー)情報を知る方法


でもFX個人投資家のオーダー情報を知る方法は
いくつかあります。

基本的にはどこかのFX業者の顧客情報から
マーケット全体のオーダー状況を推測する形になります。

よくFXのディーラーの情報として
「ドル円の○○円あたりにストップオーダーが
 まとまって入っている」
なんて話がありますが、
それも自社の顧客のオーダーを見て
言っているのだと思います。

FXのプロのディーラーはトレードしながら
世界中のディーラー仲間と情報交換をしているそうです。
いろいろな大手銀行のディーラーと大口の注文情報を
やり取りして、マーケット全体の注文動向を
押さえてトレードしているようです。

なので我々個人投資家も参考までに
FXトレーダーの注文状況を知っておいた方が
多少は有利になる可能性はあります。

このFXトレーダーの注文(オーダー)情報を
公開しているところの一つに……
FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  
外為錬金術師catuです。
FXトレードの調子はいかがですか?


■揺れるFXマーケット
本日の外為相場ではドル円が朝方に
FOMCショック前の高値に迫る98円後半まで
買われる展開となりました。

しかしそこからは頭を叩かれて円高へ。
一時97円10銭まで2円近くドル円は売られ、
現在は97円後半を推移してます。

FOMCの時のFRBの長期債買い入れによる
流動性供給の実施報道で一気に売られたドル円ですが、
その後に発表された経営が悪化した金融機関から
不良資産を買い取って管理・処分する機関
いわゆる「バッドバンク」設立のニュースで一気にリバウンド。

中国人民銀行の周小川総裁による
ドルに代わる機軸通貨の必要性についてまとめた論文に対して、
ガイトナー米財務長官が「非常に思慮深い」と発言、
否定的なコメントを残さなかったのでドルが売られたと思いきや、
その後すぐに「基軸通貨としてのドルの地位は不動」と発言したため
再度ドルが買い戻される。

なんだが節操のないFX相場ですね。
逆張りするにはレンジ幅が広すぎるし、
順張りするにしてもスピードが速すぎて
なかなかついていくのが難しいです。

こういう時はポイントポイントで
逆指値を仕掛けておいてすぐに利確して
ちょこちょこ稼いでしのいでおります。


ドル円


■DSにFXゲームが登場!
本日仕事で池袋に行って来たのですが、
ゲームショップでニンテンドーDSのソフトで
FXをテーマにしているDSソフトが発売されておりました。

そのニンテンドーDSのFXのゲームソフトの名前は…


FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  
外為錬金術師catuです。
FXトレードの調子はいかがですか?



なかなか面白い外為相場なので
今の相場の分析をしたいところですが、
先日の記事が途中なのと記事を書く時間もないので
今日は先日の記事
AIGボーナス9割没収トンデモ法案の行方Part1
の続きです。

あと全然FXと関係ありませんが、
WBC日本連覇記念として
かっこいいイチローさんの写真を
ちりばめながら本日はお送りします。

テンションあがってきた



■そもそもAIGボーナス没収法案は通すべきなのか?


今回スピード可決したボーナス没収法案。
確かに感情的には公的資金投入されながら
戦犯とも言える今の幹部に高額なボーナスが
支払われるのは納得がいかないのは分かります。

しかしそもそもこの法案は今後の経済を考えた時に
通過させるべき法案なのでしょうか?

それを考えるときにアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の
リディ最高経営責任者(CEO)が18日に下院金融委員会の公聴会で
証言した内容について注目する必要があります。


AIGリディCEOの証言とは……

FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  
外為錬金術師catuです。
今週のFXトレードの結果はいかがでしたか?



■AIGボーナス9割没収法案下院で可決


19日、米政府が公的支援している米保険大手の
アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の
巨額ボーナス問題をめぐって、米議会下院は
救済を受けている主な金融機関の
ボーナスに9割課税し、その大半を回収する法案を
賛成328票―反対93票で可決しました。

下院を通過した法案では50億ドル(約4800億円)を超す
公的資金を得た金融機関から今年の1月以降に
ボーナスをもらった人が対象。
基本的には政府は支給額の9割を回収できることになります。

この法案の対象になるのはAIGに限定されず、
アメリカ政府から50億ドルを超す公的資金を得た
大手金融機関も対象になります。

そして上院においては対象をさらに拡大し、
支援が1億ドルを超す大半の金融機関を視野に入れた法案を、
早ければ来週にも採決する見通しだそうです。

アメリカすごいな。
恐ろしいスピードで法案可決ですね。
アメリカの本気度を伺えます。



■事実上100%のボーナス没収


今回の法案は90%課税と言うものの、
州など地方税もかかりますので事実上は100%課税。
つまり全額没収と同じことらしいです。
もちろんすでに支給されたAIGのボーナスも
対象になるということです。

オバマ大統領も
「(過剰な)報酬は許容されない、との強い信号を経営幹部たちに示せるだろう」
との声明を発表し、成立に意欲をみせております。


今回のAIGのボーナスを没収アスキーアートで
表現してみるとこんな感じでしょうか。



                       ,.ィ´三三三三≧ト、
                     /三三三三三三三ミヾ
         ,ィヽ         /三三,/´    `丶ミ三ベ
.         / /            /三三/           ` ヘ
        / /        __/三┌''               ハ
.       / /        //ハ三/   ェエ≧ト   j    l
      / /     ,ィヽ  | / !      ゞツヽ / /≦エト リ  AIGボーナスは
    ,ィ≦´ ̄ ̄ ` V  /   l〈__ j.          ,.'  l ムツ  ,'  ボッシュート!!
    |  ̄ ̄ ̄ `V  /    ヽ‐'        / l  l    ,'  
    |  ̄ ̄ ̄Vリ Y   _ リ          `ー 、__,、)  /     
    | ´ l ̄ハ l  /_,x</l        /__,,....、__ l ./      
____j  .j   'ー' ン::::::::::::j .ヘ      / |‐'‐‐- -''リ/ ,.'
:::::::::::::リ      /:::::::::::::::|  .ヘ     l  ヽュェェェン /
::::::/!     ./ :::::::::::::::::::|   ヘ   ヽ ヽ  ー‐‐"/
/:::::|    ,ィ':::::::::::::::::::::::::∧   ヽ  \    ン'
::::::::::lヽ__/ l::V:::::::::::::::::::::::::∧  /\  >ー "|、
::::::::::l   /:::lハ::::::::::::::::ヽ::::::::l-‐'    ハ  _/___|ハ
::::::::::`ー'---.':/:::::::::::::::::::::l::::::l      l /  l /:::::\



          ⌒ ⌒ ⌒
       __⌒ ⌒ ⌒__
      /::::┌────┐ :::::::/
     /:::::: | ボーナス | ::::::::/  チャラッチャラッチャーン
     /::::::::└────┘::::/  
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



えっと、ボッシュートを皆さんがご存じなことを祈りますw



■AIGボーナス9割没収法案への批判も


今回のこの事実上のボーナス没収法案、
かなり過激な内容だけあって
次のような様々な批判も出ております。



FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  
外為錬金術師catuです。
今週のFXトレードの結果はいかがでしたか? 





■FOMCサプライズで円高ナイアガラ!


今回のFOMCは意外なことにサプライズがあり、
大荒れの展開になりました。

政策金利に関しては予想通りの金利据え置きでしたが、
FRBは今後半年間で、最大3千億ドル(約29兆円)の
中長期国債を買うというサプライズが付いておりました。

FRBの長期債買い入れによる流動性供給の実施報道により
マーケットでは米長期金利が0.5%も急低下し、
ドルも一気に急落。まさに「FOMCショック」となりました。

ドル円相場を見てみますとFOMC前は98円ミドルにいたのに
発表後は一気に96円まで急落。
一度リバウンドする素振りを見せながら
その後も落ち続け一時93円ミドルまで下落しました。
その差はなんと5円!!
久々のハイバーダイブ、ハイパーナイアガラとなりました。






■今回の典型的な負けパターン



それでは今回のFOMCショックのチャートを見てみましょう。

ドル円FOMCナイアガラ

このチャートを見ても分かりますが、
ずっと頭を押さえられていてなんとなく
イヤな雰囲気は事前からあったのですが、
ここまで落としてくるとは。
相変わらずやり過ぎな相場ですね。
こう見ると93円ミドルから96円までの
リバウンドもすごかですね。

高値で掴んだロンガーをまず抹殺、
欲張ったショーターやドテンショートした
元ロンガーもやっぱり抹殺。本当に恐ろしいですね。


今回のFOMCサプライズで損害を受けた
ロンガーの方は沢山いると思います。

恐らく一番ありがちな今回の負けパターンは
次のような感じではないでしょうか。


FOMC明けの19日の朝にモーニングサテライトを見て
(テレビ東京だからモーニングサテライトは地方ではやってない?
 朝の経済ニュース番組です。)
画面右上に出るドル円のレートを見て、
飲みかけたコーヒーを噴く。

急いでパソコンを立ち上げ激しい含み損にうろたえながらも、
「前回3月12日の時の円高も96円前後で
 リバウンドしたから、そろそろ底だろ。」
と考え96円前後でナンピン。

その後に円高第2波が発生。
94円割れで心が折れて損切り。
またはMC(マージンコール)で強制決済。

そしてその続に発生するドル円爆上げを
ノンポジで呆然と眺める。



恐らく大きく損した方はこんな1日を
過ごされたかと想像できます。

大きく損をされた方の心情はお察しします。
しかもちょうどFOMC直前に
FXで円高の時に使えるアスキーアート(AA)保管庫なんていう
記事を、神がかり的な間の悪さで書いてしまいました。
もし気分を害された方がいたらごめんなさい。


とは言っても今回大きな損害を出した人は
イベント前に過度なFXのポジションを残すこと自体が
ただの博打と化しているので褒められたものではありません。
最低でもストップを入れておくべきです。

確かにサプライズはないだろうと言われておりました。
実際に私もサプライズはないと思っておりました。
しかし絶対がないのがマーケットなのです。
そして2008年以降は頻繁に”サプライズ”やら
”ショック”が発生しているのですから。






■FOMCサプライズ円高の予兆があった?


今回のFOMCサプライズ円高に関しては、
確かにサプライズではありました。
しかしいくつかの予兆があったと言えなくもありません。

テクニカル的にも98円ミドルで頭を叩かれ
上値を切り下げてきていたので、
ちょっとヤバいかなという雰囲気は出ておりました。


サイクル理論の「共に学び?」ブログの小龍さんも
急落を予想されていました!おみごとです。






そしてファンダメンタルの点でも
実はいくつか予兆らしきものはあったのです。

そのファンダメンタル面での
FOMCサプライズの予兆ですが…

FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  
外為錬金術師catuです。
FXトレードの調子はいかがですか?




■FOMC前で様子見



本日は米FOMCの結果待ちという感じで見極めムード。
朝には一時ドル円は98.85円まで上昇したものの、
頭を叩かれてしばらく98円ミドルのレンジ相場。

夜になってダウ平均の下落に連動するように
ドル円はストップを巻き込みながら97.75円まで円高に。
現在は98円前後を推移しております。

土曜日のドル円ジェットコースター相場の記事で

98円ミドルから99円までの壁は相変わらず固いようです。
来週はこの壁を破れるかどうかで方向性が決まるかもしれません。


と書きましたが、水曜日まで来てこの壁は破れておりません。
ちょっと上に行くにしても材料不足な感じですね。
FOMCは恐らくサプライズはないと思いますが、
指標はレンジをブレイクする際の材料に使われることが多いです。
上か下かはこの時点では分かるわけないですが、
どちらか一方への博打ポジはやめておいた方がいいでしょう。

先日から行っているドル円予想アンケートでは
やや100円付けない派が強いようです。




■FXで円高の時に使えるアスキーアート(AA)


さて、実は今日はこれから持ち帰り仕事があったりするので、
長い記事を書いている時間がありません。

今日は過去に書き貯めておいた記事の中から
FX関連のアスキーアート(AA)をご紹介します。

ご存じだと思いますがアスキーアート(AA)とは
キーボードの文字や記号を使って書いた絵文字のこと。
2ちゃんねるなどの掲示板で良く使われており、
FX関連のトレーダーが集う市況2でも登場し、
殺伐として荒れがちな空気を和ましてくれます。
逆により殺伐とすることも多々ありますけどw

アスキーアート(AA)はどこかのアスキーアート職人が
作ったものですが、本当にクオリティの高さには感動します。

これからご紹介するAAもよく市況2で見かけるもので
私がとても気に入っているものです。
アスキーアート毎に意味やどんな時に使えばいいのか
簡単な解説を加えながらご紹介します。

一度にたくさん紹介してもあれなので、
今回は円高ナイアガラが起きている時に使える
アスキーアート(AA)をご覧下さい。

FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  
外為錬金術師catuです。
来週のFXトレードの戦略は決まりましたか?




■増えるFX関連本の発行点数



最近は書店で1コーナーを築いているFX関連の書籍。
真面目なものから胡散臭いものまで玉石混交のFX本。
先日書店店頭を見たら今までは投資のコーナーで
株関連の書籍の中にちょこっと置いてあっただけの
FX関連本ですが、今やFX関連の本が平台の
メインを占めているほどでびっくりしました。
それだけFX本のニーズが高いということなんでしょう。



■アマゾンのFX本ランキングは特殊


今全国で売れているFX関連書籍は何なのかを知るためには
一つの方法としてアマゾンのベストセラーランキングを
見ると言う方法があります。
アマゾンのベストセラーでは1時間ごとに更新される
リアルタイムの売れ行き上位ランキングが分かります。

しかしアマゾンのランキングは実は特殊な部分があります。
必ずしも全国の書店で売れているランキングとは
異なっている部分があるのです。

その理由はいくつか考えられますが、
amazonの順位は「人が紹介しているかどうか」に
かなりの影響を受けます。

多くのブログで紹介されているFX本は
昔に発売されたFX本であっても買われます。
特にアルファブロガーと呼ばれるような
カリスマブロガーが薦めたりすれば
一気にランキングが上がったりします。

あと雑誌や新聞で紹介されたりすると
アマゾンで検索して買う人も増えるので
ランキングUPに繋がります。

そもそもアマゾンの本は検索されて買われる
商品が多いので古い本も新しい本も関係なく同等に売れます。
ある意味街の書店には置けないマニアックな本も
扱うことができる。そこもちょっとアマゾンの特殊な部分ですね。


確かにアマゾンは巨大ではありますし、
ある意味日本最大の書店ではあります。
(正確な最新の数字は不明ですが、
 日本全国の紀伊国屋の売上を足したのより
 アマゾンの売り上げは上のはずです。)

しかし、日本全国2万件近くある書店の売り上げから見れば
アマゾンは沢山ある中の1つの書店に過ぎないのです。

しかもこのランキングは瞬間最大風速であれば
ジャンル限定ならランキングを操作できるレベルなのですね。
例えばアマゾンで買った人にCDをプレゼントなんて
やれば一瞬だけでもジャンル限定なら1位を取れちゃったりします。
某掲示板の住人の力だけで麻生首相の本が
ランキング上位にランクインしたりできるのです。

なのでアマゾンのランキングはある意味特殊であり、
日本全国の本の売り上げを必ずしも
反映しているとは言えないのです。




■日本全国で売れているFX本を知る方法


じゃあ、日本全国で本当に売れているFX本は何なのか?
日本全国で売れているFX本を知る方法はあるのか?

実はありませんw
日本全国の書籍の売り上げをまとめている
統一された機関やデータベースがないからです。
そりゃ各出版社や各書店は売上を把握してますが、
それ全体をまとめている機関が存在しないのです。

なので全国の書籍の売り上げランキングを出すには
ある程度大きな規模の書店群の売り上げから
全体の数字を推測するしかないのです。

良く書籍の売り上げランキングがTVや新聞で
紹介されていますが、TSUTAYAのような
大型チェーンの数字をまとめたものだったりします。
オリコンなども多くの協力店の数字をまとめて
売上ランキングを出していたりもします。
あとは取次業者の数字ぐらいですね。

ただこの手のランキングではFX本などの
限定したジャンルでの順位は公表されていません。
まあニーズがあまりないからでしょうね。
確かにTVでFX本売れ行きランキングやってたら
ある意味世も末ですよね。




■日本全国で売れているFX本公開


で、実は今回たまたまこの手の全国での
FX本の売上ランキングを入手しました。

少し前のデータのようですし、
必ずしも日本全国の売上を反映していないかもしれませんが、
ある程度全国で売れているFX本の目安にはなると思います。


それでは最近日本全国で売れているFX本はこちらになります

続きをご覧下さい
人気blogRANKING




【あなたもカリスマと同じトレードが出来る!】

■サザ「トレードメッセンジャー」■
リアルタイムで勝ち組カリスマトレーダーと同じ
ポジションを持つことが出来ます。
忙しい人、勝てない人にはぴったりのサービスです。


【テクニカルが苦手なあなたにぴったり!】

■FXプライム「ぱっと見テクニカル」■
最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートの中から、
現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出して、
「過去の値動き」を参考にして「将来の値動き」を予測する
「ぱっと見テクニカル」が大人気のFXプライム。
「ぱっと見テクニカル」人気で口座開設が急増中です。
FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  
外為錬金術師catuです。
FXトレードの調子はいかがですか?




■ドル円ジェットコースター相場


いやはや、なんとも激しい外為相場です。
本日は大したことないですが、
昨日のドル円相場はすごかったですね。

今回のジェットコースター相場が始まったのは
3月11日から12日に日付が変わった頃。

前回の記事シティ黒字で楽観ムードの最後に

それにしても外為相場は完全にレンジですね。
上にも下にも抜けれない状態。
もうちょい動いてくれないとトレードしづらいです。
98円下抜けると多少調整の可能性も見えてくるのですが…。


と書いた直後のことです。

私の希望通りドル円が98円を下抜けたところから
ナイアガラが始まります。
おかげさまですぐ寝るつもりが、
1時過ぎまでトレードをする羽目になりますw

98円を下抜けたところで私はショート参戦。
すぐに利が乗ったのでエントリーの値でストップを入れます。
その後もドル円の下落の勢いは止まらず
一気に97円25銭まで落ちます。
そこで一時リバしたので、眠かったこともあり
私は50銭ほど抜いて利益確定しました。

でも下落相場は始まったばかりでした。
結局次の日も落ち続けて12日の夕方には
95円ミドルまで下落。
十数時間で約2円半も円高へ進みました。

私は夕方の6時頃にネットでドル円のレートをネットで見て、
「うわ、すげー円高だな。95円台かよ。利確早すぎたなorz」と
相変わらずのヘタなトレードに落ち込んでおりました。

昨日は超忙しくて11時過ぎまで会社にいたのですが、
帰り際にまたネットでドル円のレートを見てのけぞりました。
「へ?98円???なんだこれ?」

私がパワーポイントで会議資料を作っているうちに
また98円に戻っていたのです。
5時間で2円半戻すって…。
久々に外為相場の怖さを垣間見た気がします。


ヤカラの伝道師三沢誠さんが
今回の相場をなんて言っているかちょっと楽しみで見てみたら
「弾みでの大幅続落から一転意味不明の大幅買い戻し/大混迷」
おっしゃっております。意味不明ってw





■98円売りの根拠


私が先日の記事で98円を下抜けたら
調整の可能性があると書いた根拠は
教科書通りの非常にシンプルなテクニカル上の理由です。

そのテクニカル上の理由とは次のようなものです…
FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  
外為錬金術師catuです。
FXトレードの調子はいかがですか?


■金融不安後退で株価上昇


FRBバーナンキ議長の講演とシティグループのパンディットCEOが
従業員宛に送った書簡のニュースにより
マーケットに安心感が漂っております。

10日、FRB(米連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は
ワシントンで講演、「金融システムにとって重要な金融機関の存続は不可欠」とし、
今後も大手金融機関を公的資金の追加投入などで支援していく姿勢を強調。

シティグループのパンディットCEOは従業員にあてて送った書簡で、
今年1、2月は営業黒字を確保したことを明らかにし、
「1-3月期はこれまでのところ2007年夏以降では最良の業績だ」と
業績改善をアピールしました。

これらのニュースによりマーケットでは金融不安が後退、
ダウ平均株価は前日比379.44ドル高の6926.49ドルと反発しました。
なんと当のシティグループの株価は、前日比で約38%も上昇しました。
まあ38%も上昇と言っても1.45ドルですけどw

この流れを受けて11日の東京株式市場では
日経平均が4営業日ぶりに反発、前日比321円14銭高の
7376円12銭で取引を終えました。

■本当にシティは黒字化するのか?


個人的にはこのシティのパンディットCEOの書簡とやらは
非常に胡散臭い感じがします。

公的資金による資本注入を受けているシティが
こんな短期間で黒字化するなんてにわかに信じがたい。
保有資産の評価損やら公的資金の分は
どういう風にカウントしているのでしょうか?

そもそもCEOが社員向けに送ったメールがどうして…
FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  
外為錬金術師catuです。
FXトレードの調子はいかがですか?





■ドル円昇龍拳炸裂!!


週明けのドル円相場は先週のナイアガラ相場を打ち消すような
ショーター抹殺の昇龍拳相場です。

ナイアガラ相場でロンガーをふるい落とし、
今度は昇龍拳相場でショーターを瞬殺。
恐るべしヤカラ相場が続いております。





ドル円3月9日30分

雇用統計後のドル円の行方は?にも書いた通り
98円ミドルでややもたつきましたが、そこを抜けると
一気に99円を超えてきました。


ドル円3月9日

結局は先週のナイアガラでは黄緑色の急上昇の
トレンド相場すら割ることはできずに、
上昇トレンドが維持された形になりました。



■赤字の日本。売られる円。


財務省が9日発表した1月の国際収支速報によると、
日本の経常収支は過去最大の1728億円の赤字でした。
世界経済の急激な悪化で輸出が大きく落ち込んだのが原因で
赤字転落は1996年1月以来13年ぶりのことです。

本日の円安相場は先週からの流れもありますが、
このニュースによってさらに円相場が低迷している部分があります。





■今週の外為相場の行方は?


さて、今週の外為相場はどうなりますでしょうか?
今週の大きなイベントとしては
FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  
外為錬金術師catuです。
今週のFXトレードの結果はいかがでしたか?





■雇用統計の結果は?


昨日の記事ドル円ナイアガラ発生の原因は?の直後の
22時30分に発表になった雇用統計。

米2月非農業部門雇用者数は-65.1万人。
市場予想の-65.0万人より弱い結果となりました。
また、同失業率は8.1%。
市場予想の7.9%より弱い結果となりました。

そして今や恒例となっている
超インチキな雇用統計の過去の数字の修正。
1月:-59.8万人→-65.5万人
12月:-57.7万人→-68.1万人

オイオイ、12月の数字が10万人以上違ってるぜ。。



■最悪ながら予想通りの雇用統計


こんなに悪い数字ながらも、
ある意味では予想通りだった雇用統計。

ロックハート・アトランタ連銀総裁が事前に
「米雇用統計の内容、陰鬱なものになりそうだ」
なんて言ってたから、さらに最悪の事態を
マーケットは想定していたのでしょうか。
「なんだよ。意外に普通じゃん。」と思ったのか分かりませんが、
指標発表後はすでに売り込まれていたドル売りポジションの
買い戻しが一気に進む形になりました。

一時96.60円まで売られていたドル円ですが、
雇用統計発表後は一時上下した後一気に上昇。
なんと一時98.40円まで上昇しました。
雇用統計発表後から約1円半の昇竜拳でした。

ロックハート・アトランタ連銀総裁はウマいですね。
超超最悪の結果を予想させておいて、
実際には最悪の結果を発表すると、
なぜかまあまあ良く見えるという
人間の心理を利用したすばらしいヤカラっぷりです。
恐らくショートとロングで往復で稼いだことでしょう。



■雇用統計後のドル円相場はどうなる?


さて、今回の雇用統計後のドル円の動きを受けて
来週のドル円相場はどうなりますでしょうか?

ここで簡単にドル円相場のテクニカル分析を
行いたいと思います。

まずは長期のテクニカル分析はこちらです

FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  
外為錬金術師catuです。
FXトレードの調子はいかがですか?



■ドル円ナイアガラ発生


ようやくドル円でナイアガラ相場が発生しました。
昨日の16時頃に99.60円を付けたドル円ですが、
ちょうど昨日の記事を書いているぐらいに下落を始めました。
そのころはまだ98円80銭前後でしたが、
今日の明け方には98円を割り込み、
午後も下げは止まらず一時96.60円まで円高が進みました。

昨日の高値99.60円から本日の安値96.60円、その差はちょうど3円
久々のドル円のナイアガラ相場です。

本日は昨日の記事の続きを書く予定でしたが、
予定を変更して今回のドル円の急落の原因を
探ってみたいと思います。


■ドル円急落の原因は?


今回のたった2日で3円のドル円の急落の原因は何なのか?
きっかけの一つは……

FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  
外為錬金術師catuです。
FXトレードの調子はいかがですか?





■小沢アタックで円安相場継続


相変わらずイケイケなドル円相場です。
昨日あっさりと99円の壁を突破。
本日はなんと99.70円と100円超え直前まで行きました。

前回の中川アタックに続いて今回の小沢アタック…。
日本の政治家は輸出企業を救うために
身を張って日々頑張っているようですw

21時前後に99円まで一時調整したものの、
またリバウンドして現在99.30円前後で
100円を再度トライしようと上を窺っている感じです。



■当ブログ読者のドル円予想は?


先日の記事続く円安相場に売り向かう個人投資家
ブログ読者の皆様に「 ドル円は今月中に100円を付けると思いますか? 」と
アンケートを行ったところ今のところ次のようなドル円予想結果になっております。

ドル円100円予想

35人の方がアンケートにお答え頂いておりますが、
8割の方が今月中のドル円100円超えを予想されております。
少し前までは「ドル円100円までは行かんだろ。」と
皆思っていたでしょうが、もういまやドル円100円レベルは
織り込み済みというところでしょうか。



■最新ドル円ロング・ショート比率


本日のドル円相場を見ている限り、
今月と言わず今週中にでもドル円は100円に達しそうです。
この前の記事に書いた外為どっとコム
たんまりショートしている皆様大丈夫ですか?
ちなみに3月4日現在の外為どっとコムにおける
ロングショート比率を見ますと
前回記事の時38.0%だったショート比率が、
ついに40%超え、41.0%になっております。
うう、完全に売り向かってしまってますね。

トレンドがいつ終了するかなんて誰にも分りません。
今日終了するかもしれないし、1週間後かもしれない。
でも今はトレンドが上向きなのは確かです。

そろそろ落ちそうな雰囲気はありますが、
その前にロスカット喰らっては元も子もありません。
無理せずにレバを調整しながら耐え忍んで下さい。



■ドル円100円超えの根拠と上値目処はいくら?


さて、もういまやコンセンサスになりつつある
ドル円100円超えですが、
その根拠はどこにあるのでしょうか?
そしてドル円は100円を超えたとしたら
どこまで上昇するのでしょうか?

とりあえずファンダメンタル分析は
あまり機能していないように思えますので、
まずはテクニカル分析にドル円100円超えの
根拠を求めてみたいと思います。

恐らく今回の100円超えの根拠として
一番良く挙げられているのが…

FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  
外為錬金術師catuです。
FXトレードの調子はいかがですか?



相変わらず超しぶとい円安相場。
ドル円は今週に入って多少調整っぽい動きを見せたものの、
結局97円を大きく割れることができずにおります。
そして今現在は結局また98円台へ復帰している状況です。

昨年以前ではNYや日経が暴落すると
リスク回避で円が買われたものですが、
完全に今年の外為相場においては
株安と円高の相関関係はなくなっております。




さて、こんな一方的な円安相場ですが、
FX個人投資家の皆さんは現在どのようなポジションを
持っているのでしょうか?

これまで日本のFX投資家と言えば円売り外貨買いの
スワップ派が非常に多かったものです。
いわゆるロンガーばかりでした。

なので今回の円安相場では
日本の個人FX投資家はウハウハなのではないかと
思っておりましたが実際はそうではないようです。

個人FX投資家のポジションを知る方法はいくつかありますが、
私が良く利用するのは外為どっとコムで公開されている
ポジション比率情報です。

こちらでは各通貨ペアの前営業日のポジション比率情報が
前日更新されております。

こちらでは時系列データもエクセルでダウンロード出来るのですが、
ドル円のロングショート比率を見ると悲しいFX個人投資家の
実態が見えてきます。

それではこちらの外為どっとコムのデータから私が作成した
ドル円のショートポジションの推移グラフをご覧下さい。




FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  

外為錬金術師catuです。
来週のFXトレードの戦略は決まりましたか?



さて、大荒れの2月も終わり、本日から3月に突入します。
一方的なアゲアゲ円安相場だった2月ですが、
開けて3月のFX相場はどうなりますでしょうか?

金曜日のドル円相場は一時97円割れまで調整しながらも、
夜の12時にリバウンドして98円20銭まで上昇。
その後やや戻して97円ミドルと微妙なところで終わりました。
現段階では判断が難しいですが、週明けの動向に注目です。




■2月期人気記事ランキング発表!


さて本日は2月も終わったということで
2月期の人気記事ランキングを発表したいと思います。
読み忘れたFX記事がある方はチェックして頂けたら幸いです。
 
1月期の外為錬金術人気記事ランキングはこちら
1月期人気記事ランキング

ちなみに今回からはブログのトップ画面で
紹介している記事は除外します。
いつも同じランキングになってしまうので。
今回もカリスマトレーダー確率ゼロサムゲーム
FXの始め方がトップ10入りしていました。

そりゃトップページで紹介していればアクセスが
多いのは当然です。今回から殿堂入りということにして、
それ以外に記事のアクセストップ10をご紹介します。


それでは早速「2月期 外為錬金術 人気記事ランキング」を
カウントダウン形式で発表したいと思います。

まずは10位から6位まで。
それでは、カウントダウン!




FXブログランキング
FXの記事の続きを読む  
SEO対策:FX SEO対策:外国為替 SEO対策:錬金術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。